トップ > ブログ > 愛川町 みつばち5 愛知県から神奈川県にお嫁いり

BLOGブログ

愛川町 みつばち5 愛知県から神奈川県にお嫁いり

今期は日本みつばちに懐いてもらえず、1群を残すのみ。

分蜂期に蜜蝋付きの中古物件とともに金稜辺も置き、2群に好いてもらえたと思ったのに

お気に召してもらえなかった?

いとかなし…

そんな折みつばち仲間のI様が、西洋みつばちが増えたのでみつばちを分けてくれるとの事!

新しいお家を作り巣礎も購入し、いそいそと愛知県に

みつばちの疲労を考え、今日はとんぼがえり。

早朝に神奈川から車を走らせ、途中でお参りをしてご縁に感謝した後に、犬山市のI様を訪ねます。

ご挨拶をしてから、みつばちの居る畑へ

女王様を探しながらお引越しを進めます

巣脾も豊かで蜂も元気…など

蜂談議に花を咲かせます。

ここの子は元気で体も大きいため、間に巣礎枠を入れて

均等にしたらお引越し終了

続いて、以前に絞った日本みつばちの巣から蜜蝋づくりもはじめます

熱を加え65度前後になると蝋が溶け出すので

幼虫や卵、ゴミを取り除きながらかき混ぜ

柄杓ですくって、水に入れ蜜蝋部分を取り出します。

この作業を蜜蝋が綺麗になるまで何度も繰り返すのですが…

時間の関係上、続きは秋に持ち越し

蜂が落ち着くまでI様の奥様が持ってきてくださったお茶とお八つをいただき

畑で実ったトウモロコシや白イチジクまでお土産にもらい

山本はあらたな巣箱の材料をお渡して、 犬山を後にします。

Iご夫婦様お気遣いいただき、心から感謝いたします。