トップ > ブログ > 硬化の効果

BLOGブログ

硬化の効果

建物を建てる前に行なう地盤調査の結果によっては、土壌改良が必要となる場合があります。こちらの現場で行なう改良が、柱状(ちゅうじょう)改良という工法です。
写真に写っている紫色のリボンの部分、計40ヶ所が、建物の荷重がかかる地盤面上の重要なポイントです。ここに重機で直径60cm、深さ2.25mの穴を掘削してゆきます。

 

今回は相模原市S様邸新築{#emoddys_dlg.emoddys}工事の土壌改良工事の様子をお伝えします。

 

59_1.jpgのサムネイル画像

 

建物を建てる前に行なう地盤調査の結果によっては、土壌改良が必要となる場合があります。こちらの現場で行なう改良が、柱状(ちゅうじょう)改良という工法です。

 

写真に写っている紫色のリボンの部分、計40ヶ所が、建物の荷重がかかる地盤面上の重要なポイントです。ここに重機で直径60cm、深さ2.25mの穴を掘削してゆきます。

 

59_2.jpg

 

 

ジャーン!

 

重機の登場です。白いテープのラインの深さまで、地面を掘削すると同時に、穴の中へ水とセメント系硬化剤を混入してゆきます。

 

 

59_3.jpg

 

重機の隣りでは、オレンジ色の大容器の中に水がはられ、吊りあげられた大量のセメント系硬化剤とを機械で混合します。

 

59_4.jpg

 

水と混合した硬化剤は、掘削した穴の中へ圧入されてゆきます。

 

59_5.jpg

 

硬化剤が注入された地表面を平らに形成してゆきます。

 

59_6.jpg

 

 

硬化剤は3日後には完全硬化し、地面の中に柱ができあがるので、荷重への効果を発揮してくれます。

 

地中の柱状をここでは40ヶ所設けて、地盤改良の完了となります。

 

地盤改良が済んで初めて、基礎工事に着手できるのです。

 

 

それでは、また次回をお楽しみに。face_smile

 

 

【山上義明】