トップ > 注文住宅について > 構造(耐震・制振)

ORDER HOUSE注文住宅について

構造(耐震・制振)

木組みあらわし(在来軸組工法)

木組みの家は構造体の多くが見えている作り

代の家と木組みの家の違いは家の骨組みの見え方にあります。
現代の家は、家が完成してしまうと柱や梁といった構造材がすべて隠されてしまいますので、家の一番大事な骨組みが外見では判断できません。粗悪な木材を使って、手抜き工事をしていても、表面さえきれいに仕上がっていれば素人では、まず、安全な家かどうか判断できません。
一方、木組みの家=構造あらわしは構造体の多くが見えている作りなので、材料の良し悪し、大工の腕の良し悪しが一目瞭然です。

木組みあらわし(在来軸組工法)
民家工房 常栄は、神奈川県産木材住宅認証工務店

民家工房 常栄は、神奈川県産木材住宅認証工務店

かながわ県産木材産地認証制度は、かながわ県産木材等の利用の促進を普及するとともに、ニーズにあった県産木材を安定的に供給するため、「かながわ県産木材の産地認証」及び「かながわ県産木材生産者」の認証を行う制度です(木材産地を明確にする制度です)。
丸太の生産流通調査・製材品の寸法・数量調査などの基準に適合した木材が「かながわ県産木材」です。民家工房 常栄は、神奈川県産木材住宅認証工務店として、かながわ県産木材を積極的に使用しています。

伐採した木は、徹底して利用する

伐採した木は、徹底して利用する

木が家の構造材として使えるようまでには約40年近い歳月が必要です。
民家工房 常栄はその木を無駄に使いません。柱取りをした木の端材も徹底利用し、窓枠、作り付けの収納(階段下も収納)、カーテンボックスなど、化学物質が含まれた合板や集成材を使うことなく、贅沢に無垢材(端材)を使うようにしています。
時には、住まいの皆様に伐採から体験していただき、木の使い方を知ってもらうこともあります。

耐震等級

耐震等級
耐震等級

品確法による耐震等級2が基本仕様

耐震等級は、耐震等級1~3に分けられています。

耐震等級1 建築基準法(法律)と同程度の建物
耐震等級2 等級1で想定する地震の1.25倍に耐えられる
耐震等級3 等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる

建築基準法では、建物の耐震性を「想定される地震」と「被害」として捉えています。建築基準法の耐震性能を満たす水準は、数百年に一度発生する「住宅の密集する都市で震度6強から震度7程度」地震に対して倒壊・崩壊しないこと。数十年に一度発生する「住宅の密集する都市で震度5強程度」地震に対して損傷しないこととしています。この基準が【耐震等級1】です。これを基準に【耐震等級2】は【耐震等級1】で想定される1.25倍の地震が起きても耐えられる性能(主に学校や病院などの耐震性能が等級2)、【耐震等級3】は【耐震等級1】で想定される1.5倍の地震が起きても耐えられる性能(主に消防署や警察署など防災の拠点となっている建物は等級3)です。

【耐震等級1】で建てれば、地震の時に家が倒壊する可能性は低いのですが、震度7程度の地震がくると「損傷」する可能性はあります。ただし、これも実際に生じる地震の「性質」によって変わります。想定する地震自体に幅があるのは「震度」と言う考え方が、生じた地震に対する被害状況によって決められる値なので、どうしても曖昧になるのです。

【耐震等級1】にするためには、2階建ての住宅の場合は、法律で定められた簡易な検討方法で検討すれば良いことになっています。一方で、【耐震等級2や3】の場合は、2階建てでも「構造計算」若しくは「簡易な検討以上の検討」が必要となります。耐震等級2以上にすることは、計画の信頼度を上げます。民家工房常栄は、耐震等級2を基本仕様としています。

長期優良住宅の可能性にも対応 【オプション】

「スクラップアンドビルド」の考え方は今の次第に時代に合っていません。今の時代は、長持ちする住宅を造り、丁寧に手入れをし、それを社会全体の資産として使い続けていく、という考え方が一般化してきました。せっかく造った住宅が、30年足らずで解体され、ゴミになってしまうのは経済的にも、地球環境の視点でも、望ましい事ではありません。長期優良住宅の基準は、このような考え方の上に作られた制度で、ポイントとなるのは「住宅の性能」「維持保全計画」です。在来軸組工法によるスケルトンインフィルは、長期優良住宅の観点において適した技術です。長期優良住宅をお考えの皆さまにも自信を持ってお勧めいたします。

制振ダンバー 【オプション】

制振ダンパーは地震時のエネルギーを吸収し、建物の揺れを低減するものです。 揺れを低減することで、地震対策として建物の損傷を低減します。 また風揺れ対策として使用することで居住性を向上したり、床振動(歩行振動)なども改善したりすることもできます。

制振ダンパーは地震時のエネルギーを吸収し、建物の揺れを低減するものです。 揺れを低減することで、地震対策として建物の損傷を低減します。 また風揺れ対策として使用することで居住性を向上したり、床振動(歩行振動)なども改善したりすることもできます。

制振ダンバー 【オプション】
制振ダンバー 【オプション】

気になる点などありましたら、お気軽にご相談下さい。
お電話によるご相談 046-241-6959