トップ > 会社情報

ABOUT US会社情報

経営理念(philosophy)

「ココロとカラダが健康になる家を」

 

高度成長期の住宅不足の頃、我が家を求める数多の声が噴出。

その声を聞いた人達が早期解消の為に人工的工業製品(新建材)をつくり出し

さらに輸入材木を使い、金額・時間・人手のかからない大量生産と大量消費の家を乱立しました。

すると「安くて早い!」と、いつのまにか工業製品の家がスタンダードに。

ところが喜びもつかの間、夢のマイホームで健康を害する人々が現れはじめました。

最初に無垢な子供達が心身に変調をきたし、次に「気のせい」と言っていた大人達までも…

自らが「化学物質」の危険にさらされていると気づいた人達が声をあげ

「シックハウス症候群」「化学物質症候群」という言葉が広まっていくと

慌てた人達は「家の中の空気が悪いなら、外に出してしまえばよい」と

24時間換気を規則とする事で解決をはかる事にしました。

それは大気汚染も輸出国の砂漠化も考えぬ、自分さえ良ければの利己から生まれた根本的解決の無い手段。

「工業製品を抑え、自然の恵みである木・土・草・他自然素材で家を建てる」

そんな簡単な解決策がすぐ近くにあるのに

無垢の木が出すフィトンチッドは化学物質の一種ですが、その香気を24時間換気で出す意味はありますか?

外国産の木も素晴らしい種類は沢山あります。でもそれは、その国で使われてこそのお話。

他国がその材を切り倒し、大量の消毒で生気と香りを消し、砂漠化を推し進める意味はありますか?

国土7割が森林、緑豊かな日本が進めている事は正しい事ですか?

今や日本の木材需給は30%。昭和30年代には90%もあったのに…

手付かずで荒れる森林が増えた国が緑豊かな緑豊かな美しい国と言えますか?

国産材を使って森を元気にすれば山が生き返り、恵みで動物は里には降りず

やがて海に魚も帰って来る「つながり」がはじまります。

自然の恵みと「つながる」事で、個々が自然と持続可能な開発をはじめるのです。

自然の中で生かされている人間だから、自然の恵みで建てた家に住むことが

母なる大地「地球」とつながる元(はじめ)であり

知らずのうちに循環の橋渡しをした結果ココロとカラダが健康になる家」が出来ると考えます。

経営方針(policy)

  • 国産材木を主とし、特に神奈川県材を使います
  • 木材は無塗装すっぴん。経年劣化を楽しみます 
  • 壁材は漆喰か土佐和紙。畳は熊本産無農薬。
  • 断熱材はセルローズ、希望で新断熱も扱います
  • お部屋の温度差が少ない家を目指します
  • 木の香で心と体が笑顔咲く家を目指します
  • 営業はしません。つながりで出会います
  • お付き合いとメンテナンスは一生涯

つながる

  • お母さん大学
    お母さん大学

    お母さん大学は「お母さんを笑顔に」を掲げ、多種多様な才能をお持ちのお母さん達を企業や行政とつなげる活動をしています。「家族で健康な家で過ごす」を合言葉に、お母さん大学とつながっています。

  • 味噌ガール

    ミソガールは味噌の素晴らしさを伝える「ママ未満」のチーム。味噌の健康効果を全世界に向けて発信し続けています。「健康と伝統を守り伝える」を合言葉に、株式会社ミソドとつながっています。   

 

代表より

民家工房 常栄 有限会社 代表 山本常美

国産材と健康にこだわるワケ

私は1949年熊本県生まれ。交通事故静養中の22歳の時に父(大工)の仕事を通じてモノづくりの本質に出会い、大工の道を歩みはじめました。
高度成長期になり職人の範囲を超えた依頼が増えた父は、求めに応じる為に山本建設をたちあげます。幸いに順調な毎日でしたが、ある日大規模分譲住宅を建築し終えた瞬間に頼主の不動産会社が消える目にあい、請負である私達は一瞬で億の負債を抱える事となりました。
返済のため仕事に邁進する中、考えるのは建築界の暗黙のルール。住宅の仕様設計は全て不動産会社で素材は新建材。化学物質で体調を崩す仲間がいても、手抜きでも工期は厳守。さらに、住まう人の為に意見や手を加えればペナルティと共に受注が無くなるオマケ付き。
そこで2代目を継いだ際、お客様との「つながり」あえる昔ながらの家造りをかかげ、現場や自身の健康被害から自然素材を使う家をめざしましたが、新建材主流の建築業界では異端。コストも高額になる事が悩みの種でした。
そんなある日かながわ県産材の担当者から「新建材での家づくりで森が悲鳴をあげている」と県産材利用拡充協力の声をかけられました。
当時地域材利用で循環サイクルに取り組んでいる業者は皆無であった為、
私の考える昔の家造りに「地産地消」が加わり「国産健康住宅」に光がさしました。
すぐに在庫にあった工業製品(新建材)を全て処分し「民のための」工房
、民家工房として「国産材でココロとカラダが健康になる家」をスタートしました。

 

持続と循環そして空気・水・食の大切さ

県産材を使う健康住宅を造り続ける中で癌告知を受け、マラソンの毎日が止まった病床で「つながり」について一層深く考えました。
そこで退院とともに地域工務店向けて「地産地消」で「昔ながらの家」をつくる営みが「人が山と、山が海と、海が人とつながり全てが健康になれる」事を、恵みに感謝し正しい行いを持続すれば、おのずと自らに帰って来る事、循環される事を伝える活動をはじめました。「何でも屋になってはいけません。必要なのはつながる理念を持ち実践することです」と伝えています。
また、以前にもまして「水」や「食」も正すことが健康に必須との考えを強くし、水と食の勉強を続け「空気、水、食」を整えられる商品を、お客様にとって負担少なく、長く使える良い商品を探し続けています。
私の理念はココロとカラダが健康になる住まいの提供です。時には家づくりに迷いのあるお客様を叱ることもあります。理念を共有できないと感じたお客様は断ることもありますが、理念に沿った住宅を一棟づつ続けた事で現在もちょこんと経営出来ているのだと考えています。

 

最後に

「今日は何を食べる?」「どこに行く?」など、私たちは毎日何かを選択しています。でも選択の基準が便利である事に偏り過ぎていませんか?
便利に囲まれると人は不便をいとい「めんどくさい」と選択から外します。でもそれは実際に体験してからの意見ですか?
頭で考えず体を動かす「めんどうくさい」を久々に体感しませんか?
卵拾い、薪割、ピザ作りやキノコづくり、日本ミツバチの観察など「食育」を体験できる場を設けています。
ただし自然の中でも大人は子供を子供と思ってはいけません。
子供ほどまなこを開いて、じっと観察している無垢な存在はありません。
ぜひ愛川町の豊かな自然の中で「めんどうくさい」を体験し、大人は子供に、子供は大人になって下さい。
長文を最後までお読みいただき、ココロより感謝申し上げます。

 

    • 東久邇宮文化褒章東久邇宮文化褒章受賞

      森と「つながり」地場県産材の
      木の家をつくり続けていると
      お返しが届きました

    • 国土交通省 功労者表彰受賞国土交通省 功労者表彰受賞
       
      若手育成と技の伝承活動をして
      人と「つながり」続けていると
      お返しが届きました
    • 神奈川ビジネスオーディション入選
    • 神奈川ビジネスオーディション入選
       
      良い物を探して「つながり」続けると
      長期優良住宅ブランド入選
      をプレゼントされました
    •  

企業情報

商号 民家工房 常栄 有限会社
代表者 山本常美
事務所 神奈川県厚木市上荻野2720-3
TEL 046-280-4140(事務所)
HP www.jyouei.co.jp
モデルハウス 神奈川県愛甲郡愛川町半原1938-1
TEL 046-280-4140(モデルハウス)
許可 建設業許可 神奈川県(般ー19)第45612号
県知事よりテーマ「公約に基づくコミットメント住宅の提供」で「中小企業新事業活動促進法に基づく経営革新計画支援」承認
営業種目 一般木造住宅
リフォーム
リノベーション
介護住宅
耐震住宅施工
営業地域 神奈川県
取引銀行 平塚信用金庫
相愛信用組合
県央愛川農協
保障 ハウスワランティ

アクセス

  • 事務所(本社)(TEL:046-280-4140)

    神奈川県厚木市上荻野2720-3

  • モデルハウス(TEL:046-280-4140)

    神奈川県愛甲郡愛川町半原1938-1

スタッフ募集

求人内容

  • 職  種/ 建築事務・広報事務
    雇用形態/ パートタイム
    勤務時間/ 9時〜18時(休憩60分)
    休  日/ 月7日(おもに水・木曜) ※祝日は月7日以外で消化 年末年始・GW・夏期休暇
    勤務場所/ 本社
    給  与/ 当社給与規定による ※試用期間あり
    福利厚生/ 社会保険完備
    免  許/ 普通自動車免許