トップ > ブログ > ウッドショックが真綿の様に

BLOGブログ

ウッドショックが真綿の様に

今年に入ってから

世界の木材の価格高騰が進んでいます。

ウッドショックと検索すると

沢山出てくるようになりました。

原因はコロナ禍。リモートワーク等が進み

アメリカで建築やリフォームのラッシュ

同じくラッシュの中国が木材を高額買取。

ついでに巣ごもりで世界的にコンテナ価格も高騰。

買えない、運搬できないのダブルパンチ

さて、慌てたのは大手と言われるハウスメーカー

外国産材や集成材が手に入らなくなり

日本の木材に目を向け、買占めが始まりました。

なぜなら日本の木材自給率は約3割

つまり住宅の原材料の約7割が輸入品。

日本の海外森林破壊面積は2158km2

中国に次いで世界第3位ときたもんだ。

日本は森林に恵まれた緑豊かな国なのに

恥ずべき数字ですね。

弊社HPの経営理念にも書きましたが

早くて安く簡単に建てるには

うまみあるのが外材だったのです。

えっ?木があるなら切ればいい?

日本の林業は衰退の一途を進んでいます。

山の整備はお金も人員も時間がかかるので

補助金に頼る事が恒常化し

林業に携わる人が減り

山の整備は進まず、荒れてやせた山

また木を材にするにも

持ち主~伐採~加工の間での意見の相違。

利益を考える人達ばかりで

つながるつながりが欠けた中

国産材の需要が増えたからと言って

木を切って調達するわけにはいきません。

国産材に目をむける事となった現実は

山本としては大変喜ばしい事ですが

弊社の様な国産材を使い続けてきた

ちょこんとした工務店は

高騰で頭を抱えています。

資金も広い倉庫も持たない工務店は

負けて消えるのが確実

ただ一点の光明は

木材を見る目のある職人

扱い方を知る大工が

ちょこんとした店には多い事。

昔に比べ材の品質は落ちました。

これからも品質の向上は難しいでしょう。

現場でもくるいの出ない

国産材の集成材が増えるでしょう。

でも同じ国産材の木の家でも

木の質や適材適所を見落とし

木のおさまりの悪い手技の家は

木がつかない、木がない家と一緒。

本物の木がつく家で、木もち良い家で

ココロとカラダを健康に

これからもコツコツ

小さくても頑張っている会社と

つながらながら

努力を重ねて乗り越えていきたいと

考えています。

 

~国産無垢材と自然素材で建てる健康住宅で住む人達を健康に 民家工房常栄~