トップ > ブログ > フエルトが増えると・・・

BLOGブログ

フエルトが増えると・・・

 

もう9月も中旬を過ぎてしまいましたね。すっかりご無沙汰してしまいました。民家工房 常栄の現場ブログでございます。
さて今回は、外壁の仕上げについてレポートしたいと思います。
民家工房 常栄 が建てる家の外壁は、みな左官で仕上げております。※注1

 

もう9月{#emoddys_dlg.emoddys}も中旬を過ぎてしまいましたね。すっかりご無沙汰してしまいました。民家工房 常栄の現場ブログでございます。

 

さて今回は、外壁の仕上げについてレポートしたいと思います。

 

民家工房 常栄 が建てる家{#emoddys_dlg.emoddys}の外壁は、みな左官で仕上げております。※注1

 

 

11_1.jpg

 

 

{#emoddys_dlg.emoddys}工事が進むにつれて、外壁面に「フエルト」と書かれた黒い紙が張られてゆきます。(写真は、茅ヶ崎市K様邸新築{#emoddys_dlg.emoddys}工事の様子です)

 

{#emoddys_dlg.emoddys}この黒い紙は、壁下地張材といい、左官仕上げの下地に張るシートなのです。

 

 

11_2.jpg

 

 

このシートを職人さんが次々と張って、大きなホチキスのような道具(タッカー)で止めてゆきます。

 

{#emoddys_dlg.emoddys}次に「ラス網」という金網を貼りめぐらせ、これもタッカーで止めます。

 

 

11_3.jpg

 

{#emoddys_dlg.emoddys}そして下地モルタルを塗ってゆきます。これが外壁の下塗りとなります。

 

11_4.jpg

 

{#emoddys_dlg.emoddys}数日間放置して下塗りが充分に乾燥{#emoddys_dlg.emoddys}したら、中塗りをおこないます。

 

11_5.jpg

 

 

{#emoddys_dlg.emoddys}ここからは仕上げ材と同じ材料を塗ります。

 

{#emoddys_dlg.emoddys}更に上塗りをして完成ですmark_ecstoramation(写真は、座間市S様邸新築{#emoddys_dlg.emoddys}工事の様子です)

 

 

11_6.jpg

(注1:建築場所が防火地域の場合、サイディング材等で仕上げるケースもございます。)

 

 

現在着工中の現場{#emoddys_dlg.emoddys}をご見学されたい方は、お気軽に民家工房常栄まで、ご相談telephoneください。note

【山上義明】