トップ > ブログ > 厚木市 新築8

BLOGブログ

厚木市 新築8

コロナ禍の影響で、皆がそろって打ち合わせが出来ず

施主のH様とご家族様、設計士、山本と久々に細かい打合せ。

設計図には設計士の「理想」が組み込まれて書かれるので

追加代金がかかる箇所や、変更せねばならない箇所があります。

施主様にも工務店としても大切な話し合い。

設計図と立体模型を元に〇人がそろって議論百出。

目にした設計図の内容で想像が出来ていると、施主様もつい

H様達「これ、それ、ん~あれもいいなぁ」と考えられますが

それは、施主様の負担にもなる事。

「それは材料があるから、予算外だけど出来る、頑張る」

「それは材料の発注になるので、追加になる、○円ぐらい」

「こうすると金額を抑えらる、これは今ではなく将来に回そう」

と、山本ははっきり答えます。

でもその姿に設計士が驚き、そっと一言伝えたそうです。

「もう少しオブラートに包んで伝えた方が…」

……不在の従業員もその言葉に同感しますが

裏表無し、駆け引き無しが山本流なんです。

ただ、言葉の使い方が他と違う事もしばしば…。

例) 面倒くさい事 → 無駄な事、ケガや事故につながる大変な事

気に障った際には、はっきりと山本にお伝えください。

ちゃんと気づいて、言い回しを整えて気持ちをお伝えします。

さて現場の方はコンクリートが流され

乾燥中