トップ > ブログ > 土台は、どーだい?

BLOGブログ

土台は、どーだい?

以前に柱状改良(ちゅうじょうかいりょう)という地盤の改良をご紹介した相模原市のS様邸の基礎が、ついに完成しましたmark_ecstoramation

 

55_1.jpgのサムネイル画像

 

{#emoddys_dlg.emoddys}基礎が仕上がったら、次のステップは土台の設置です。

 

55_2.jpgのサムネイル画像

 

{#emoddys_dlg.emoddys}大工さんが、図面を確認しながら、それぞれの箇所にそれぞれの部位の土台を配置してゆきます。

 

一般的な建築会社さんでは、土台に栂(つが)の木が使われています。一方、私たち常栄が造る家の土台は、国産の檜(ひのき)を使用しています。body_good

 

檜(ひのき)は、栂(つが)よりも耐久性と耐水性に優れている高級品です。sparkling

 

55_3.jpg

 

{#emoddys_dlg.emoddys}基礎のアンカーボルトと土台とを一体化させるために、土台に穴を開けて、アンカーボルトを通してゆきます。

 

55_4.jpg

 

{#emoddys_dlg.emoddys}こうして一つひとつの土台が据えられてゆきます。

 

土台と基礎との間に見える黒い物が、基礎パッキンです。建物の通気性を良くするために設けられています。

 

基礎パッキンは、3尺(91cm)以内ごと なお且つ 柱の下などの力のかかる主要な部分ごとに配置され、この現場では、合計180個の基礎パッキンが用いられました。

 

55_5.jpg

 

{#emoddys_dlg.emoddys}土台と繋がっている大引き(おおびき)の足回りは、鋼製束(こうせいづか)という金属棒で支えています。

 

昔は木製の束を使用していましたが、現在では鋼製の束が一般的です。

 

55_6.jpg

 

{#emoddys_dlg.emoddys}こうして土台据えが、完成しました。Wink

 

上棟は、11月3日(木)の文化の日を予定しています。note

 

この続きは、また今度 お会いしましょう。face_smile

 

サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。body_stop

【山上義明】