トップ > ブログ > 愛川町 みつばち6 腐蛆病検査

BLOGブログ

愛川町 みつばち6 腐蛆病検査

本日は神奈川県畜産課から蜜蜂の腐蛆病検査にいらっしゃいました。

腐蛆病は巣基の中の育成枠の中の幼虫の確認で解るので

検査を一年に一度受けます。1名の方は担当2年目。

久々に顔がを見られて嬉しーい。

女王様の所在を確認しながら検査を受けます。

女王確認は、その群れの状態を知るのに重要な手段。

1群の検査費用はなんと

60円 (笑)

でもこの検査を受けないで病気が蔓延すると

その地域が大変なことに!

しかも養蜂家にとっても、蜜蜂達が全滅するおそれがある怖い病気。

さらにこの検査の過程で発覚した事が…

昨年犬山から分蜂群を頂いたのですが

その群の増強があまりよくなく、点検を怠っていたら

分蜂のはめに(一群増えてうれしいのですが)

そこの元群の女王がご不在…

3週間後の確認も出来ないので、よその群から育成枠を拝借し

女王不在の群れに投入。

3日後には無事に王台(女王が生まれる巣)を作っていました。

一月後には産卵開始になるので、一安心。

来年には6群の西洋ミツバチを飼育する予定?

常栄の建てるお家と同じく、蜜蜂さんの住まいは

国産総杉造り、外壁はキシラデコール、屋根は切妻(タイベックシルバーの上に杉板)

みつばちさんにも、健康にこだわりを持った「元の家」に住んでもらっています。