トップ > ブログ > 晴れや張れや

BLOGブログ

晴れや張れや

 

ご町内の皆さま、毎度おなじみの現場ブログ・オブ・民家工房常栄で、ございます。
さて、ご報告が遅れてしましましたが、1月19日(土)に今年最初の上棟が行なわれました。愛川町のY様邸の新築工事です。
この日は、真っ青な快晴。上を見上げれば、長いクレーンと一筋の飛行機雲が。

 

ご町内の皆さま、毎度おなじみの現場ブログ・オブ・民家工房常栄で、ございます。

 

さて、ご報告が遅れてしましましたが、1月19日(土)に今年最初の上棟が行なわれました。愛川町のY様邸の新築工事{#emoddys_dlg.emoddys}です。

 

この日は、真っ青な快晴{#emoddys_dlg.emoddys}。上を見上げれば、長いクレーンと一筋の飛行機雲が。

 

 

2_1.jpgのサムネイル画像

 

と、いつまでものんきに空を眺めている間もなく、大工さん達がテキパキと作業を進めてゆきます。

 

2_2.jpgのサムネイル画像

 

私はというと、大工仕事ができないので、まずは足場のネット張り作業に取り掛かります。

 

2_3.jpgのサムネイル画像

 

・・・But、実は高い所が苦手なので、内心ビビリながら作業しています。

 

そしてお昼の腹ごしらえ。

 

2_4.jpgのサムネイル画像

 

 

お弁当は、施主様がご用意してくださいました。ご馳走様でした。{#emoddys_dlg.emoddys}

 

午後もはりきって取り掛かり、次第に家の形になってゆき、無事に上棟するとこができました。body_good

 

 

2_5.jpgのサムネイル画像

 

棟梁と施主のご主人様と奥様の3人で、建物のお清めをしています。

 

2_6.jpgのサムネイル画像

 

 

お神酒、塩、お米の順に各角に蒔いてゆきます。

 

そして棟梁と施主様が下屋根に登って、お餅やお菓子を蒔きました。

 

 

2_7.jpg

 

 

勾配屋根の上に乗って、少々怖かったご様子でしたが、普段は屋根に乗る機会なんて無いでしょうから、当然ですね。

 

Y様、上棟おめでとうございました。

 

民家工房常栄では、国産無垢の檜(ひのき)の4寸(12センチ)の柱を使用しています。併せて神奈川県産材も使用した地産池消の家造り{#emoddys_dlg.emoddys}をしております。sparkling

 

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。telephone046-241-6959

 

【山上義明】