トップ > ブログ > 栃木リフォーム2

BLOGブログ

栃木リフォーム2

ベランダ修理に入ります。

檜材を切って

角をカンナで削り

定規を使い均等に並べて、打ち付けていきます。

でっぱりは測って切断して納め、床が完了。

つぎは格子を一つ一つをビス止めして

上部の出っ張りを切断…

…出来ない。

なぜならば

この様に下からビス止めされていたから

手すり上部を外して

鋸やノミを使って少しづつビスの場所を探し

引っこ抜くこと3カ所、計9本。

無事にガタつかないベランダに戻りました。

外から見ると

…無事終了とお伝えしたいところですが

山本がベランダの長さを9尺と勘違い

近隣のHC3カ所と4カ所の材木屋に電話するも

檜の1寸の4寸は無いと言われ

手すりは次に来るまでは継ぎ足しで

H様のお許しを得ました。

うっかり山本、大いに反省。

でも今は材は取り寄せで

在庫はおかない材木屋が多いことも勉強。

 

~国産無垢材と自然素材で建てる健康住宅で住む人達を健康に 民家工房常栄~