トップ > ブログ > 残暑が厳しいざんしょ

BLOGブログ

残暑が厳しいざんしょ

 

レディース アンド ジェントルマン。おとっつぁん、おっかさん、大変 長らくお待たせ致しました。ミーがトニー谷ざんす。・・・じゃなかった、 民家工房 常栄の現場ブログざんす。
いぁー、それにしても毎日 残暑が厳しいざんすねぇ。もう、汗だらだらです。そんな中、先日28日の大安に、厚木市の?様邸新築工事の上棟が行なわれました。
こちらの現場は、敷地内にクレーン車が浸入できない環境の現場です。そこで今回は、それぞれの部材を手運びで搬入、組立をすることになりました。

レディース アンド ジェントルマン。おとっつぁん、おっかさん、大変 長らくお待たせ致しました。ミーがトニー谷ざんす。・・・じゃなかった、 民家工房 常栄の現場ブログざんす。

いぁー、それにしても毎日 残暑{#emoddys_dlg.emoddys}が厳しいざんすねぇ。もう、汗だらだらです。そんな中、先日28日の大安に、厚木市のI様邸新築{#emoddys_dlg.emoddys}工事の上棟が行なわれました。

こちらの現場は、敷地内にクレーン車が浸入できない環境の現場です。そこで今回は、それぞれの部材を手運びbody_stopで搬入、組立をすることになりました。

 

12_1.jpg

 

みんなで柱を建て、その上に手運びで梁を持ち上げて、組み立ててゆきます。body_biceps

何気に重労働。その上にこの猛暑ですから、作業の合間をぬって、小まめに水分補給をしてゆかなくては、熱中症で倒れてしまいます。

 

12_2.jpg

 

「よっこらしょ!」と、立派な大黒柱もみんなで起こしてゆきます。

 

12_3.jpg

 

かなり太い大黒柱です。もちろん、国産無垢材です。

 

12_4.jpg

部材と部材とを「かすがい」というコの字形の大釘を打ち込んで、つなぎ止めます。「子はかすがい」といいますが、この言葉の由来は、子供の存在が、夫婦をつなぎ止めているという意味からきているそうです。

12_5.jpg

屋根下地である垂木を乗せ、野地板と防水紙を貼って終了です。

平屋建て{#emoddys_dlg.emoddys}ではありますが、手間のかかる造りでしたので、日暮れ時まで時間を要しました。

I様、上棟おめでとうございます。

年明け、この家が竣工する頃に、I様には、お子様がお産まれになるご予定です。二重にお祝いできるように、しっかりと管理させていただきます。

【山上義明】