トップ > ブログ > 水と塩素1

BLOGブログ

水と塩素1

塩素が良くないと言われる原因

それは水中で遊離した塩素と

有機物由来の物質が反応し

発がん性物質のトリハロメタンに変化するから

塩素と言えば強い毒性を持つため

人類初の本格的な化学兵器としても使われた事も有名です。

日本は塩素の最低上限が決められている国で

諸外国は塩素の下限が決められています。

水には物を溶かしこむ性質があるので

下限が決められている方が人体には良いと言われています。

去年の毎日新聞社会欄に、有機フッ素化合物PFOS

国の暫定目標を超える数値が長年検出されていた

府中武蔵浄水所と東恋ケ久保浄水所の

水道水の給水地域である多摩2市住民が

NPOに調査依頼をし、11人のPFOSなどの血漿中濃度を調べた結果

全国平均の1.5倍~2倍の数値が検出と書いてありました。

直ちに健康被害が出るレベルではないそうですし

2018年にPFOSの製造と輸入の禁止はなされましたが

PFOSは自然界で分解されず体内に蓄積される物質で

泡消火材や調理器具などにつかわれていました。

今でも環境省の調査で全国37地点で目標値を超えているそう。

北海道や沖縄では水道水からマイクロプラスチックも検出との

報告がニュースにもなっています。

「水は命の源」なのに悲しい現実。

長文になったので、水と塩素2に続きます。

 

~「木と水が生きている家」国産自然素材でココロとカラダをほぐす健康住宅 民家工房常栄~