トップ > ブログ > 水の違い2

BLOGブログ

水の違い2

さて前回からのつづきです。

施主様宅の水をはからせていただいた結果を

お伝えしたいと思います。

前回から時間が経たので、もう一度数値の意味を

TDS(PPM)水の中に溶け込んでいる不純物(主に金属類)の濃度

 EC(μS/cm)も電気伝導度 であり、電気の流れる量を表します

TDS/ECも数値が低いほど不純物が少ないことを意味します

①個人宅  58PPM :136μS/cm

 井戸水  71PPM:168μS/cm

②モデル  76PPM :148μS/cm

③個人宅  66PPM :148μS/cm

④湧き水    42PPM :95μS/cm

⑤個人宅  69PPM :159μS/cm

 井戸水  72PPM :170μS/cm

⑥集合住宅 129PPM : 297μS/cm

⑦個人宅  77PPM :174μS/cm

他一例

個人宅ラドン水   74PPM 170μS/cm

あずみ野の水    64PPM 142μS/cm

ROXANE        56PPM 148μS/cm

レプトン水     2PPM 4μS/cm

個人宅の物は表現が出来ないので

購入した水で検査方法を説明します。

この様に測定器2つの検査結果の平均値を出しています

そして、こちらがオーセンテック社製の水を

神奈川に持って帰った後に測定したもの。

静電気除去処理した純水にW電極方式の電気分解(特許申請済)によって

発生した水素酸素ガスを、スーパーエゼクターでファインバブル化して溶け込ませ

48時間電荷をチャージさせた「レプトン水」

RO膜を通して不純物を取り除いた水は数あれど

静電気を帯びない水は世界でも池上先生の機械を通したものだけ。

本来、水は引き寄せる力が強いもの。RO膜を通すなどして

磨かれれば磨かれるほどに力が解放される瞬間に空気中の物質を

引き寄せてしまい、異質な水に変化してしまいます。

私の様な凡人にはただ不思議としか言いようのない水

ただ伝えられる事は

この水を作り上げたのは、水と真摯に向きあった人

この水を広げているのは、醫に真摯に向き合う人達

そして

この水を求めるのは、体の異変に真摯に向き合う人達

という事だけ。

民家工房常栄ではご縁から「レプトン水」の取り扱い店となりました。

真摯に向き合う人達の心を伝えながら、お届け出来れば幸いです。

 

~国産無垢材と自然素材で建てる健康住宅で住む人達を健康に 民家工房常栄~