トップ > ブログ > 水の違い

BLOGブログ

水の違い

民家工房常栄、代表取締役として

「空気・水・食」を整えることこそ

健康になれる近道と考え

空気を大切にする家づくりをしながら、水の勉強し続ける中

ご縁とつながりから、お客様に胸を張ってご紹介できる商品と

出会う事ができました。

これからHP上でご紹介したいと考えておりますので

よろしくお願いいたします。

現在はその商品の性能をお伝えするのに使っている

TDS・ECメーターで神奈川県内の施主様宅の数値を

測らせていただいています。

現在私が飲ませてもらっている水は「レプトンウォーター」

株式会社オーセンテック社の池上先生が作られたお水

計測すると

TDSが2PPM

ECが4μS/cm

との数値が出ます。

これがどれだけ凄い数値かは、後日のお楽しみ。

さらに株式会社オーセンテックの機械を使い

純水やハーモニーウォーターで希釈した水製品を販売している

株式会社コネクトハーモニー(飯田市)の吉川社長から

1 コネクトハーモニー除菌水ジア(超安定次亜塩素酸水)

2 ハーモニー除菌水Ag+

3 RO膜を通して作らせた純水

の3点を代理店として販売させていただける運びとなりました。

こちらも追ってHPにてお知らせしたいと思います。

 

※TDSメーターとは

TDS(Total Dissolved Solids:総溶解固形物)は、水の中に溶け込んだ無機塩類

(主にカルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、重炭酸塩、塩化物、硫酸塩)

と水に溶解する有機物の濃度の総計を示し、数値が低いものほど不純物が少ないことを意味します。

通常、純水のTDS値は1となり、TDS値は水質の指標を示すひとつの基準となります。

※ECメーターとは

電流の通しやすさを示すものをEC(導電率、電気伝導度)と言います。

不純物が少ない程数値は低い。ECの単位はmS/cm,μS/cm,CFなどがあります。