トップ > ブログ > 相模原 注文住宅43 御神木と杉柾赤と縄張り

BLOGブログ

相模原 注文住宅43 御神木と杉柾赤と縄張り

先日、玄関に荻野神社のご神木の檜をつかった

天板が施工されていました。

こちらは無垢に見えて、向って左奥に1ケ所

ワンポイントで生き節があり

それが全体を一段と美しくみせてくれる

秘訣となっています。

そして後日、玄関入って正面に杉の赤の柾目板も貼られました!

こちらも島根県にある中村木材の製品

とにもかくにも

美しい…

写真が経ヘタっぴで美しさが伝えられないのが

残念すぎるくらい綺麗な杉です。

しかもこの杉の下には

A様とお母様の思いでの箪笥が

リメイクされて置かれます。

訪れた人たちは

神の領域で育った木の清らかさと

A様ご家族様のあたたかい気持ちに

触れあう事でしょう。

そうそう玄関と言えば

現場監督すみれちゃんの代わりに

周辺の見回りをしている茶トラさんが

若造に喧嘩を売られていました

若造は大声でナーゴナーゴと繰り返しますが

茶トラ先輩は終始無言

人の家の玄関先は失礼だろ!

とでも言いたいのか

ゆっくりと若造を誘って消えてゆきま…

あっでも先輩、そちらが玄関なんです…

 

~国産無垢材と自然素材で建てる健康住宅で住む人達を健康に 民家工房常栄~