トップ > ブログ > 相模原 注文住宅51 杉材の格子と内助の功

BLOGブログ

相模原 注文住宅51 杉材の格子と内助の功

足場が外され、外観が見え始めました。

外で眺めていると、通られる方に

「できあがったのね」「可愛いわねぇ」や

道路に面した大きな窓から内部を見た方から

「すごい大きな梁が入っているのね」

「木のお家なんて久々に見るわ」etc…

と声を掛けられて、御礼を伝える従業員です。

さて内部では山本芳大工が大活躍

山本大工が貼った板壁の仕上げをしたり

最後の格子を

出来上がらせてくれています。

山本大工は内助の功で

芳大工の使う材を愛川の作業場で作成中。

丸太から板にされた材をさらに挽いて

各所に使う材を作って運びます。

木材の市販品を買う事はほぼない

民家工房常栄の「木がつく家」

愚直に思われる方もいらっしゃるでしょうが

本物を届ける為には

やめられない止まらない♪

そして山本大工が二人そろって

「あー腰が痛ぇ!」

お2人とも本当に毎日お疲れ様です。

 

~国産無垢材と自然素材で建てる健康住宅で住む人達を健康に 民家工房常栄~