トップ > ブログ > 相模原 注文住宅 19

BLOGブログ

相模原 注文住宅 19

先日、現場監督が確認に来てくれました。
ママ施主が打ち合わせの最中に
色々なところをクンクンクン。
でも今の現場は檜の柱より、合板の床板と不燃材率高し
とくに床を嗅いだ後はクシュン!クシュン!と怒られました。
ごめんなさい。
耐久震度を上げるには構造用合板を
防火地域でダブル断熱の外断熱をするにダイライトモイスを使用。
新建材をゼロ、自然素材のみで建てるのは
時間とお金と材料、技術のある職人の不足と問題山積み。
常栄では自然素材をふんだんに使用しますが
建築基準を守り、適材適所のために新建材も使います。
ただし無駄に新建材は使いません。
これから室内に入る木は全て本物の木。
沢山沢山入るので、お待ち下さい。
ちなみに柱の檜達は
クンクンクンクンと沢山嗅がれた事が嬉しかった様で
いつも以上に誇り高そうにしてました。
 
~国産無垢材と自然素材で建てる健康住宅で住む人達を健康に 民家工房常栄~