トップ > ブログ > 相模原 注文住宅 30 床暖房前に

BLOGブログ

相模原 注文住宅 30 床暖房前に

てんてんてん

誰だー!

床にイタズラしたのは!と

怒られそうな写真ですが

気密の為の穴埋めです。

合板の隙間に

気密テープを張りますが

OBした釘がある為

最初の写真の様になります。

さて2階の天井下地もつくられましたので

まもなく第2弾セルローズが施工されます。

1回目のセルローズ施工後は

音の遮音性がすごいです。

部屋の角で声を出すと

自分の声が反響せずにこもるので

変な感じ。

外観もお家らしくなりました。

そうそう、気密と言えば

アール収納考房の山本芳大工から

お茶の時間に聞かれたこぼれ話を

気密断熱の数値を出すには

方法はイロイロ。

ある所では普通のビニールシートを貼って

素晴らしい数値を出していたそう。

湿気は?と聞くと

「無理だねぇ。数値さえ出せばいいんだろう」

との事。

数年後、家はどうなってしまうのか…

高気密高断熱も数値が高すぎると

ドアや窓が開かない、乾燥で加湿器数台は必要など

何事もホドホドと感じたお言葉でした。

 

~国産無垢材と自然素材で建てる健康住宅で住む人達を健康に 民家工房常栄~