トップ > ブログ > 相模原 注文住宅 33 床 無垢材

BLOGブログ

相模原 注文住宅 33 床 無垢材

島根の中村木材さんから届いた床板

ちらっと開けてみると

これは稀に見る別嬪さん!

興奮しながらもほくほくの笑顔でA様宅に

連れて行き、山本芳大工にバトンタッチ

熟練大工の腕にかかり貼られた床板は

光を反射して艶がっ!

この様に美しい見た目になる秘密は

床下暖房の継ぎ目と見た目のバランスを考慮し

1枚づつセンチをはかり、切断、面をやすりで削り

傷つかない様に添木を当てて押し込み

床暖房のフィルムにも傷をつけない様に

隙間を見極めて

とめる作業を繰り返す事でつくられます。

傷防止のために靴を抜いで、作業台と床材の間を

いったりきたりするので

山本芳大工の靴下は木の粉まみれ

美しく見えるのには職人の努力がつきもの。

そんな山本芳大工から

「この床材は素材も良いが、加工も素晴らしい

まるで市販品の様に狂いが無い。

こんな材はほぼ見ない」との事。

こんな素敵な材を作って下さった

中村材木さんに心より感謝。

この様に床を張ってくれと言った現場監督山本。

その言葉を受け、それ以上の仕事をする山本芳大工。

本物の大工は凄い。

 

~国産無垢材と自然素材で建てる健康住宅で住む人達を健康に 民家工房常栄~