トップ > ブログ > 砕石の最盛期

BLOGブログ

砕石の最盛期

 

ははははは・・・・正義の味方、黄金バット・・・じゃなかった民家工房 常栄の現場ブログです。
さて皆さん、もし家を建てるとしたら、建築計画をすすめる前に、その土地の地盤がしっかりしているかどうか、それが心配ですよね? その調査を地盤調査といいます。
地盤調査の結果次第では、地盤を強固に改良する必要性がでてきます。地盤改良には、様々な方法がありますが、その中でも今回は、「ハイスピード工法」という改良方法をご紹介しますネ。
ジャジャーン平塚市のT様邸新築工事の建築予定地に、アースオーガという重機が登場しました

ははははは・・・・正義の味方、黄金バット・・・じゃなかった民家工房 常栄の現場ブログです。

 

さて皆さん、もし家{#emoddys_dlg.emoddys}を建てるとしたら、建築計画をすすめる前に、その土地の地盤がしっかりしているかどうか、それが心配ですよね? その調査を地盤調査といいます。

 

地盤調査の結果次第では、地盤を強固に改良する必要性がでてきます。地盤改良には、様々な方法がありますが、その中でも今回は、「ハイスピード工法」という改良方法をご紹介しますネ。

 

{#emoddys_dlg.emoddys}ジャジャーンnote平塚市のT様邸新築{#emoddys_dlg.emoddys}工事の建築予定地に、アースオーガという重機が登場しましたmark_ecstoramation

 

b89b3511-s.jpg

 

{#emoddys_dlg.emoddys}ドリルの先端を地表に挿入して、地中に5.5メートルの深い穴を掘ります。

 

26c09763-s.jpg

 

{#emoddys_dlg.emoddys}ドリルが深く挿入されるについれて、中から次々と地中の土が掘り返されてきました。

 

be6f1bfc-s.jpg

 

 

{#emoddys_dlg.emoddys}出てきた土は、なんとドロドロでグチャグチャの粘土質でした。地面の下がこんな状態では、地震の時が心配ですよねぇ。

 

{#emoddys_dlg.emoddys}そこでこの掘った穴に砕石を詰めてゆきます。

 

cfcdf495-s.jpg

 

{#emoddys_dlg.emoddys}ドリルを回転させながら、少しずつゆっくりと時間をかけて砕石を混入してゆきます。

 

5217ba89-s.jpg

 

{#emoddys_dlg.emoddys}直径45センチ、深さ5.5メートルの円柱状の穴に砕石が詰め終わりました。

 

4dad69af-s.jpg

 

 

{#emoddys_dlg.emoddys}建てる予定の家の重点を計算して、加重がかかると考えられる地面のポイントにこうした砕石の円柱を築いてゆくのが、「ハイスピード工法」です。

 

「ハイスピード工法」は、一般的な地盤改良の「柱状改良(地中の土と硬化剤とを混合させる工法)」よりも、高い強度が発揮されます。

 

これで地盤改良も完了。まずは一安心ですね。note

 

{#emoddys_dlg.emoddys}そして実は昨日、このT様邸新築工事の上棟が無事に終了しました。

 

1e4b02f0-s.jpg

 

T様、上棟おめでとうございました。そして色々とお心尽くしをありがとうございました。heart良い家{#emoddys_dlg.emoddys}ができるよう、スタッフ、職人一同、チカラを合わせて頑張りますmark_ecstoramation

【山上義明】