トップ > ブログ > 端材は無料で差し上げますが…

BLOGブログ

端材は無料で差し上げますが…

家を建築する際に

プレカットで建てる現場は

大量のダンボールゴミが出ます。

木材を扱う工務店の現場では

大量の木の端材が出ます。

民家工房常栄のある愛川はキャンプや

薪ストーブを使われる方が多いので

倉庫横のごみ置き場に端材を置いておき

声をかけて下さった方達に無料でお譲りしています。

ほとんどの方は良い方達ですが

中には、お金を請求されると思うのか

無邪気なのか

「これゴミですよね?」

「このゴミ貰っていいですか?」

と尋ねられる方がいらっしゃいます。

確かに現場で出た廃棄物は廃棄物。

廃棄するならお金をとられます。

しかし実は引き取り手はいっぱいで

大人気なのが端材達。

薪として利用はもちろん

美術大学の先生が生徒や子供達への

教材として利用、家庭での工作利用etc…

また、現場では色々な廃棄物が出ます。

それを大工さんや従業員達が選別して

危険な釘や金属はもちろん

木の粉もなるべく入らない様にして

一手間をかけて袋にまとめいます。

杉や檜なので薪としては樫やブナなどに負けますが

薪は一束500円

いきなり来て、袋ごと持って行く方のお言葉としては

「なんだかなぁ」と思ってしまうのも本音。

ただそんな人達も、火にくべる前に袋をあけて

杉や檜の香りを楽しんでくれたと考えれば

モヤモヤも吹き飛びますが。

あっ

ほとんどの方が、袋を持参したり

後で袋を返しに来て下さる方達です!

そうそう端材と言えば

こちらのカンナ屑も持ち帰りたい方は

お声か電話をおかけ下さいね。

お馬さんの足元にも敷かれていまーす。

 

~「木と水が生きている家」国産自然素材でココロとカラダをほぐす健康住宅 民家工房常栄~