トップ > ブログ > 第九の大工?

BLOGブログ

第九の大工?

 

文化の日の今日、相模原市S様邸新築工事に於いて、上棟が行なわれました。
この現場ブログが始まってから3棟目の上棟です。

 

文化の日{#emoddys_dlg.emoddys}の今日、相模原市S様邸新築{#emoddys_dlg.emoddys}工事に於いて、上棟が行なわれました。note

 

この現場ブログが始まってから3棟目の上棟です。

 

 

54_1.jpg

 

{#emoddys_dlg.emoddys}前回 据えられた土台の上に大工さん達が、次々と柱を建ててゆきます。

 

54_2.jpg

 

 

{#emoddys_dlg.emoddys}柱が建ったら、梁(はり)を設けてゆきます。これが、2階の床の支えにもなってゆきます。

 

続けて更に2階の柱を建ててゆきます。

 

 

54_3.jpg

 

 

{#emoddys_dlg.emoddys}そして2階の柱を建てたら、2階の梁や桁(けた)を設けてゆきます。この時点で大工さん達は、地上から約6.5メートルの高さに立っています。

 

(高い所が苦手は私は、写真を撮るので精一杯です・・・face_shout

 

この梁の上に小屋束(こやづか)という屋根を支える柱を建ててゆきます。

 

 

54_4.jpg

 

 

{#emoddys_dlg.emoddys}小屋束の上に母屋(もや)を設け、母屋と桁の上に垂木(たるき)を架けてゆきます。

 

この垂木の傾斜が、屋根の勾配となります。

 

 

54_5.jpg

 

 

{#emoddys_dlg.emoddys}垂木の上に野地板(のじいた)という板を貼ってゆき、その上に防水rainyの役目を果たすゴムアスファルトルーフィングを敷いてゆきます。

 

これが、屋根の下地となってゆきます。

 

 

54_6.jpg

 

 

{#emoddys_dlg.emoddys}こうして上棟{#emoddys_dlg.emoddys}が無事に完了しました。face_shy

 

ここまでの一連の作業を朝8時{#emoddys_dlg.emoddys}から夕方5時頃まで、一気に行なってきました。

 

 

54_7.jpg

 

 

{#emoddys_dlg.emoddys}今回の上棟に携わった7人の大工さん アンド 常栄スタッフで私の先輩の山吉さん(写真左)です。body_peace

 

要するに今回は、計8人の手で棟上げが完成しました。body_good

 

9人目の私は、まだ見習い中なので、大工さんのようなフットワークの良い動きはできません・・・。face_embarrassed 第九の大工になれるのは、いつの日になることやら・・・(苦笑)。sweat

 

いずれにせよS様、上棟おめでとうございます。face_smileheart

 

【山上義明】