トップ > ブログ > 総4寸? そうよッス♪

BLOGブログ

総4寸? そうよッス♪

 

あ?寒いっ 皆さま、風邪などひいていませんか?
私は先々週に風邪をひいてしまいましたが、お陰様で今では元気に回復しております。
冬将軍の到来です。暖かくしてお過ごしください。
さて本日は、大和市のS様邸新築工事の上棟の日でした。

 

あ〜寒いっmark_ecstoramationface_mistake 皆さま、風邪などひいていませんか?

私は先々週に風邪をひいてしまいましたが、お陰様で今では元気に回復しております。face_smile

冬将軍snowmanの到来です。暖かくhot_springしてお過ごしください。

 

さて本日は、大和市のS様邸新築{#emoddys_dlg.emoddys}工事の上棟の日でした。

 

 

47_1.jpg

 

 

{#emoddys_dlg.emoddys}かつて駐車場だった場所に5棟の家{#emoddys_dlg.emoddys}が建築され、その中の1棟が、私たち常栄が建てるS様のご新居{#emoddys_dlg.emoddys}となります。

 

5棟現場の中の3棟は、既に他の各工務店・ハウスメーカーさんでの建築が完了し、もう1棟はS様邸よりもひと足早く他の工務店さんで只今建築中です。

 

ある日、近隣で工事をしていた他の工務店の大工さんが、S様邸の現場{#emoddys_dlg.emoddys}を見て 「へぇ〜、総4寸なんですか?」と言って関心していました。

 

なぜ他社の大工さんが関心していたのかというと、一般的な住宅{#emoddys_dlg.emoddys}は、ほとんどが3寸5分角(さんずんごぶかく)の集成材の柱が使われているのです。3寸5分角とは、一辺が10センチ5ミリの正方形のことです。

 

 

47_2.jpg

 

 

{#emoddys_dlg.emoddys}これは、集成材の柱の断面写真です。

 

集成材は、スライスされた4枚の木を接着剤で圧着して出来ています。

 

 

47_3.jpg

 

 

{#emoddys_dlg.emoddys}一方こちらは、常栄の建てる家{#emoddys_dlg.emoddys}で使用している国産無垢のヒノキの4寸角の柱の断面です。4寸角とは、一辺が12センチの正方形のことです。

 

木の年輪の中心が、柱の中心になっていますが、これを「芯持ち材(しんもちざい)」と言います。

 

1ヶ所に割れ目が入っていますが、これは「背割り(せわり)」と言って、芯持ち材は時間の経過と共に徐々にひび割れを起こすので、柱の見え隠れになる面に切り目を入れて、他のひび割れを防止しているのです。

 

民家工房 常栄 が建てる「元(はじめ)の家{#emoddys_dlg.emoddys}」は、全ての土台と柱が、国産無垢の4寸角のヒノキでできています。body_peace

 

 

47_4.jpg

 

 

{#emoddys_dlg.emoddys}ところで今の季節、午後5時を過ぎると急激に暗くなってしまいます・・・。暗くなると作業が困難ですが、今回のS様邸の現場でも怪我や事故もなく、無事に棟上げ{#emoddys_dlg.emoddys}することができました。face_self_conscious_smile

 

職人の皆さん、お疲れさまでした。そしてS様、上棟おめでとうございます。note

 

 

【山上義明】