トップ > ブログ > 遮断熱工法前のお家 屋根と2階の室内温度差は40℃

BLOGブログ

遮断熱工法前のお家 屋根と2階の室内温度差は40℃

4年前に弊社で施工した遮断熱工法前の

屋根と室内天井の温度差は40℃でした。

(屋根63℃/2F室内天井23℃)

2022年5月30日 横浜市最高気温28.2℃

屋根も壁もホカホカ温まった12時台の数値です。

屋根施工内容は防水シート+

タイベックシルバー+

セルロースファイバー350㎜

(屋根はガルバ・室内天井は漆喰)

高気密住宅でもなければ、変な室内機器も付いていない

高断熱+本物の国産材と自然素材の在来工法の家。

施主様は十分涼しいと言って下さいますが

弊社の住まう人の健康を守るための

温度差を抑える遮断熱の技術進化は止まりません!

新たな施工法の遮断熱工法は

どこまでいけるかな?

こうご期待。

今度は床の温度も測りますね💦

※動画はインスタに載せておきます。

~「空気・水・素材」をイエカラ整える~本物の国産自然素材と遮断熱住宅は民家工房常栄~