トップ > ブログ > It is 糸

BLOGブログ

It is 糸

 

アロハ?。民家工房 常栄の現場ブログです。
さて今回は、相模原市緑区のK様邸新築工事の取り掛かりの様子をご紹介します。
そもそも家を建てることって、設計士が書いた設計図面をもとに、地表面に立体的な建造物を築きあげますよね
この図面の線をどうやって地面上に書きおこしていると思いますか
敷地境界線や道路境界線を基準に、距離を測って、書き起こすのですが、そのために家の外周に沿って杭を等間隔に打ち付けてゆきます。

 

アロハ〜。民家工房 常栄の現場ブログです。

 

さて今回は、相模原市緑区のK様邸新築{#emoddys_dlg.emoddys}工事の取り掛かりの様子をご紹介します。hearts

 

そもそも家{#emoddys_dlg.emoddys}を建てることって、設計士が書いた設計図面をもとに、地表面に立体的な建造物を築きあげますよねmark_question

 

この図面の線をどうやって地面上に書きおこしていると思いますかmark_question

 

{#emoddys_dlg.emoddys}敷地境界線や道路境界線を基準に、距離を測って、書き起こすのですが、そのために家{#emoddys_dlg.emoddys}の外周に沿って杭を等間隔に打ち付けてゆきます。

 

 

23_1.jpg

 

{#emoddys_dlg.emoddys}この杭に貫板を水平に打ち付けて、囲いを造ります。そこへ運命の赤い糸・・・ではなく黄色い糸を張り、壁の中心線を描いてゆくのです。

 

23_2.jpg

 

{#emoddys_dlg.emoddys}黄色い糸で建物の外周線が描けたら、重機の発進です。mystifyガンダム行きまーーすmark_ecstoramation

 

23_3.jpg

 

{#emoddys_dlg.emoddys}基礎を設けるにあたって、いったん糸を外して地面を掘削してゆきます。

 

23_4.jpg

 

{#emoddys_dlg.emoddys}そして様々な工程を経て、基礎が出来上がってゆきます。

 

23_5.jpg

 

 

このK様邸の現場も、いよいよ5月19日(土)が上棟となります。

 

この続きは、また次回に。バイバイキ〜ン。body_stop

 

 

【山上義明】