トップ > 家づくりのイロイロ > 家づくり

FLOW家づくり

家づくりの基本

私達が最も大切にしているのは、住まう人が「ココロとカラダが健康になる」家づくり

思いを込めた家で健康を害してしまった…そんな思いは絶対にさせたくありません

見えない箇所にも地産地消になる国産材を使い、家中に本物の自然素材を使う

そんな、かつては当たり前だった日本の伝統的な家づくりを基本としています

お家のタイプ

2つのタイプを用意しています。

「すっぴんハウス」
子育て世代に向けた健康住宅。

これからの事もあるけれど、家族の健康を考えた家を建てたい方へ。「見て、ふれて、かおる」そんな当たり前のことが出来る安心安全な素材を使い、生きるうえで大切な五感を育める木のお家は、子供と接するお母さんが自然と「すっぴん」になるように、設備や間取りをシンプルにしつつも、家の大切な箇所は国産無垢材で建てる注文住宅です。

「元(はじめ)の家」
木の香とすまう健康住宅。

室内は杉の浮造りや国産材の床、壁は漆喰で畳は国産無農薬、木組み表しの空間で木の香ととも住まう家。現代の良い物を利用しつつも昔の家造りこそ本元と考え、先人の技術を基に選び抜いた自然素材と国産材をふんだんに使う「元の家」は大工の手技で丁寧に仕上げます。また、オプションで造作物も預ります。