トップ > 家づくりのイロイロ > 家づくりの考え

 

FLOW家づくりの考え

健康住宅で大切な○○と時をかさねる

「健康」

 

くつろぐ

「やっぱり我が家が一番」皆が口にする言葉。

外出時、人はお粧しするもの。でも家に帰ればすっぴんでゴロン。

無防備な状態で寛ぐのは「我が家」だからこそ。

その空間に健康を害する物質が含まれている現実を知っていますか?

一般住宅の新築と思われている臭いの元は、工業製品の出す悪性化学物質。

悪性の化学物質は呼吸と皮膚から吸収され、血液やリンパを通して体中を巡り、複合汚染による健康被害を引き起こします。また殺菌・抗菌・防虫・防カビ等、悪玉菌を滅する加工には善玉常在菌まで抑制してしまう効果も…換気で臭いが薄れ嗅覚が慣れても、悪性化学物質は永年消えません。

もちろん「木」も天然の化学物質(フィトンチッド)を出します。しかし良性の化学物質は人体に寛ぎをもたらし免疫を上げるだけでなく、天然の殺菌・抗菌・防虫効果のおまけつき。永年続く自然素材の恵みに包まれ、心身を健康に導くような「寛げる我が家」を目指しています。

 

「住宅」

 

くつろぐ

テレビや雑誌で特集される家は、ため息が出るほど素敵なもの。

夢や憧れの対象となり、賛美や注目を浴びる家は誰もが憧れます。

けれど、実際に建てる人達や住んだ人は「?」と思う事が多いのも事実。

私共はデザインを追求した家=美しさを楽しむ芸術作品。

民の暮らしを追求した家=機能性や実用性を楽しむ工芸作品。

と考え、先人に倣った適材適所を礎に現代の良い物を取り入れ、自然素材を身近に感じる住宅を造ることを目指しています。

民の家を造る工房、民家工房として「最近、本物の木、土、草に触れた?」

こんな質問を投げかけた時に「家の中で毎日触れていますよ」と皆様にお答えいただける事を大切にしています。

「傷をつけない様に最初は気にしたけど、今は全然気にしない。これはあの時のついたね。なんて話してます」「無塗装で心配してたけど、自然と艶が出てきて我が家の景色がつきました」これが最上の誉め言葉。

 

「大切な○○」

 

くつろぐ

家を建てるのは「大切な○○」と暮らすため。

家族・パートナー・ペット・植物・etc…様々な答えがあると思います。

でも忘れてはいませんか?自らのこと。

「大切な自分」が暮らす家を建てるという事を。

いずれは誰もが1人になる時が訪れます。そんな日が来る事も心の片隅にとどめて「大切な○○」と暮らす家造りの素材を選びませんか。

あなたが○○と同じように自分を大切に思い、将来をおもんぱかった素材で建てる家こそ、日々一生懸命戦い続ける体と心の安らぎがとれる家となり「大切な○○」を長年守れるとは思いませんか。

「いつも一生懸命働いてくれてありがとう」の声を励みに働き・帰り・寝るの数多年も長い人生の一片。あっという間に毎日を過ごす家に。

本当に「大切な○○」は○○を思う時の永さから誕生すると考える私たちは「大切な○○」が安心安全に過ごせる空間づくりを目指しています。

 

「時をかさねる」

 

くつろぐ

古代より永遠を求める声は尽きませんが、時の流れは平等なもの。

あなたと共に家も旧(ふ)り行きます。古びてこそ味が出て凛とした美しさを醸し出す人や自然素材。

例えば木材。生ある物は再利用をされ、新たな住まいの一部になります。

また朽ちる際も命ある物の食物や暖かなお布団となり、次へとつながりながら大地の一部となります。

作り出された工業品はどうでしょう。自然の摂理に抗いながら時を重ねる人工物の悲しき姿は言わずもがな…あなたは至る所で目にしているはずです。

冬でも半袖、エアコン一台で家全体、電気代0円。

心くすぐる言葉は並べられませんが、生活空間の温度差を無くした自然素材の恵み豊かな家をお造りします。

過度な考えや後の負担となる物を足さない家で時をかさねる」を楽しめる素材と暮らす事が住む人の幸せと考えて目指しています。