トップ > お客様の声 > 木の家を建てたい。 能う限り国産材で。

VOICEお客様の声

木の家を建てたい。 能う限り国産材で。

木の家を建てたい。 能う限り国産材で。
木の家を建てたい。 能う限り国産材で。

木の家を建てたい。 能う限り国産材で。

親が高齢になり家の中で過ごす時が長くなる中
木の香に包まれ、春日影の中にいる様な日々を過ごしてほしい。
この思い胸に近隣の工務店を探し始めると
無添加、自然、低炭素、ZEH…etc
多くの言葉が情報として溢れていました。
素人では判断の仕様が無い中、一つ一つ自分が望む物を勉強し取捨する中
辿り着いたのが民家工房常栄でした。
モデルハウスを訪ね、木の香に包まれ
また木のぬくもりを心身ともに感じたので
その日に即決しました。
アイデア豊富で仕事は丁寧ですが、時間を要する設計者にやきもきした時もありましたが
社長が施主代わりに叱咤激励して下さり安心しました。
また、総工費も明瞭でした。
設計時の確定金額、他費用は随時。
出来る事は出来るが、無理な事は無理。
私達も同じ意見でした。
今は背伸びせず、必要や余裕が出来てからやる。
長い付き合いを考慮してこその言葉と感じました。

 

「家造りでここは失敗したかな」と感じたところは?

明るい家を希望したが、外光よりも電気での明るさでカバーされてしまい

無駄な照明が多すぎる事。

洗面周りの希望が間取り的に難しく、使用回数の多い1階のトイレが狭い所。

お風呂の浴槽位置がまずく、シャワーが引き戸にかかってしまう事。

リビング階段の位置が、団らん場の横になってしまった事。

 

「家造りでここは成功したかな」と感じたところは?

何よりも、本物の木の香の家を建てられた事。

目に触れる部分だけでなく、全体に使ってもらったからこそ感じる

木の香と漆喰などの素材の良さと、セルローズ効果での快適性。

玄関脇に納戸を作って貰った事。

リビングからトイレに直接入れる様にした事。